その問いは、物語の授業をデザインする

内容 読みの学習における教師のための指南書(小学校国語)
定価 本体価格1,800円(税別)
著者 松本修・西田太郎・玉川国語教育研究会 他
種類 B5判152ページ
出版社 学校図書
ISBNコード 978-4-7625-0229-3

主なポイント・目次

<主なポイント>
・実践編と理論編の二部構成で、教材研究や授業実践に役立ちます。
・実践編では、教科書の代表的な文学教材を各学年2つ取り上げています。
・各教材について4つの〈問い〉と授業展開例を示し、授業ですぐに活用できるようにしています。
・良質な〈問い〉により、子どもたちの交流を促し対話的で深い学びが実現できます。

<目次>
1章 実践
1-1 1年「たぬきのじてんしゃ」
1-2 1年「おおきなかぶ」
1-3 2年「スイミー」 レオ=レオニ
1-4 2年「お手紙」 アーノルド=ノーベル
1-5 3年「モチモチの木」 斎藤隆介
1-6 3年「わにのおじいさんのたから物」 川崎洋
1-7 4年「白いぼうし」 あまんきみこ
1-8 4年「ごんぎつね」 新美南吉
1-9 5年「注文の多い料理店」 宮沢賢治
1-10 5年「大造じいさんとがん」 椋鳩十
1-11 6年「きつねの窓」 安房直子
1-12 6年「海の命」 立松和平

2章 今、求められる読みの学習
2-1 物語の読みと交流と言語活動
2-2 物語の読みと問い
2-3 語りに着目した教材分析

3章 問いと交流を中核とした学習デザイン
3-1 空所に着目した教材分析
3-2 複数の問いの組み合わせ
3-3 学習者の問い

Webショップへ